トピックス

「どうぶつがかり基金」使用報告①猫のミミちゃん

みなさまからの寄付金は「どうぶつがかり基金」とし、248,000円となりました。
今回、初めて使用さていただきました。ありがとうございました。

使用金額>
248,000-13,860=残金234,140円/2022.2.16現在

経緯〜現状>
2020年9月、猫のミミちゃんの飼い主Sさん(70代)より相談が入りました。「肺がんで手術をするので、その間、猫の面倒を見てほしい」。たいへん真面目なSさんは、退院後すぐに働きましたが、しばらくして、どうぶつがかりスタッフに「食べるものがない」と連絡が来ます。
スタッフが飛んでいくと、倒れて動けない状態。1週間ほとんど食べておらず、冷蔵庫も空っぽ。体調不良から会社を休みがちになり、勤め先は解雇。預金を切り崩して生活されていましたが、具合が悪くなりすぎて買い物に出られなかったのです。
急きょ受診し、今度は間質性肺炎と診断されました。経済的にもきびしくなり、どうぶつがかりから新潟市健康福祉課に相談を入れ、担当の地域包括センターからケアマネが訪問。Sさんは公的支援を受けられることになりました。
現在も病気は進行しており、入退院を繰り返し、いまは家でほぼ寝たきり。ミミちゃんのえさやりやトイレの掃除すらできなくなっています。とうとう主治医から「猫ちゃんを譲渡した方がいい」と言われました。ケアマネも介護施設に入ることを勧めています。しかし、Sさんは唯一の家族であるミミちゃんと別れたくありません。

<どうぶつがかり基金の使用内容>
Sさんの入院中、ミミちゃんが家中にオシッコをし始めたので、①膀胱炎の疑いを持ったこと、②10歳になるミミちゃんの健康診断を一度もしていなかったことから、動物病院を受診しました。
結果、年の割には血液検査の結果はよく、膀胱にも異常は見られませんでした。

その後、トイレ(新潟市内の里親さがし猫カフェおっぽ様より寄付)を新設し、旧トイレもきれいに洗って砂を全て変えたら、あちこちでのオシッコは止み、トイレでしてくれるようになりました。

しかし、万が一にと撮ったレントゲンで、腰に近い背骨に癒着を発見。触ると痛み?を感じるようで嫌がることもわかりました。

ミミちゃんは今後、譲渡に向かうと予想されます。ワクチン接種や健康診断、保護費など、引き続き費用が掛かると思いますので、よろしくお願いいたします。

🌱寄付でどうぶつがかりを応援したい方🌱
下記までお振り込みをお願いいたします。
ゆうちょ銀行 記号/11250 番号/30942931
       店名/一二八 店番/128 口座番号/3094293
       名義/ドウブツガカリ
※領収証等や事前連絡が必要な方は下記までお知らせください。
doubutugakari@gmail.com 携帯09036410226(三浦)

🌱「どうぶつがかり基金」の詳細はコチラ🌱
どうして寄付が必要なのか〜支援のスキマにある社会問題

ツールバーへスキップ