寄付のお願い

どうぶつがかりでは、1時間1500円(交通費込)、登録料3000円(ボランティア保険やHPなどの運営費に利用)をいただいております。しかし、下記のような事例が突発的に起こり、まだまだ持ち出しが多い状態です。
寄付にご賛同いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

用途等

<どうぶつがかり基金>
・寄付金を別会計とし「どうぶつがかり基金」とする。 
・通常の事業運営費以外に発生した特別なケース(1〜3)に使わせていただく。 
・基金を使う場合、どうぶつがかりスタッフ内で担当者が申請→別スタッフ3人以上が承認したケースとする。

<特別なケース>
(1)〜(3)すべて、飼い主さんが何らかの理由(死亡・意識不明・急な病気の悪化や事故で意思の疎通が不可能)で支払い能力がない場合、周囲に支援してくれる人がいない場合

(1)飼い主さん支援
   行政の支援に繋ぐまでに発生する飼い主さんとペットの食事・買い物・通院・清掃等、
   それらに伴う交通費等諸経費、最低限の労働費(どうぶつがかりスタッフ・福祉施設等委託先)等
 
(2)ペット支援
   一時預かり又は譲渡先が見つかるまでの健康診断費・医療費・保護費・トリミングやシャンプー等の衛生費等、
   それらに伴う交通費等諸経費、最低限の労働費(どうぶつがかりスタッフ・福祉施設等委託先)等
 
(3)どうぶつがかり支援
   決算期に事業運営で不足が出た場合のインターネット利用費・ボランティア保険料等への充当

<振込先>
ゆうちょ銀行 記号/11250 番号/30942931
       店名/一二八 店番/128 口座番号/3094293
       名義/ボランティアグループ ドウブツガカリ
※領収証等や事前連絡が必要な方は下記までお知らせください。
 doubutugakari@gmail.com 携帯09036410226(三浦)

<事例>
●医療費の踏み倒し → 高額になるので1回でも大損失
<例>独居で身寄りのない飼い主さんが入院するため「猫4匹のペットシッター」と「オス猫2匹の去勢手術」を依頼される。しかし、契約書にサインをもらう前に別の事故で緊急入院。コロナ禍と病状ら面会できず、電話で週にやり取りしながら依頼内容を進め、医療費も立て替える。しかし、退院後に集金に行いくと飼い主さんの認知症がひどく進行しており「ペットシッターは頼んだが、猫の医療はおぼえがない!」と怒濤のように罵られて踏み倒される。
→認知症の症状で人を疑う、盗まれたなど被害を感じる時期がありますが、ちょうど重なったようです。オス猫はどうぶつがかり経由で里子に出て、今はしあわせになっています。

●支援のスキマの支援 →せめて食材などの材料費
独居で身寄りのない飼い主さん。入院中に猫のペットシッターを依頼される。しかし、退院後の療養中に飼い主さんが会社をクビになり、貯金も尽きて家で半分倒れた状態でどうぶつがかりに連絡が来る。すぐに行政につなぎ、生活保護の手続きを進め、ケアマネにも介在してもらう。
→しかし、行政からの保護費が入るまで食べるものがないので、猫ちゃんのお世話をしたスタッフが自腹で食事作ってを運んでいました。せめて食材などの材料費や交通費が補填できたらありがたいです。

●料金を払えない人への支援 →シッター費用、交通費やペットのエサ代など
生活保護受給者の場合、入院期間中の保護費が日割りでもらえない。ホスピスに行く場合は、譲渡を勧めるが、行き先が決まるまでのシッター費用、搬送などの交通費、ペットのエサや医療費が、飼い主さんが経済的にも身体・精神的にも支払える状況でなくなる。
→真面目に、一生懸命に生活されていた方も、急な病気や事故から生活保護受給者になることがあります。これは誰にでも起こりうることです。他県はわかりませんが、新潟県の場合、受給前から飼っていたペットはそのまま飼い続けることができます。

●飼い主さんが了承していない場合 →お金の出所がない
飼い主さんが認知症の進行など何らかの理由でペットへの関わりを拒むことがある。ネグレクト、虐待などに発展し、ヘルパーさんが気付くケースが多い。
→具合の悪いペットは、関わりがある周囲が自腹を切って動物病院に連れて行ったり、エサを届けたりしています。せめてその実費が補填できたらありがたいです。

ツールバーへスキップ