トピックス

障がいのある人が、猫ちゃんのお世話をしました

【障がいのある人が、高齢者を助ける仕組み】

本日、どうぶつがかりでは、利用者さんの許可を得て、障がいのある人が、猫ちゃんのお世話をする施設外で作業しました。猫ちゃんの飼い主さんは高齢者で病気療養中です。

双方とも社会的には弱者と言われていますが、今回わかったのは、双方にとって嬉しく、助け合えるということでした。

障がいのある人は猫ちゃんが大好きで、猫ちゃんも初めて会ったのにスリスリ…。とても楽しそうに作業をしてくれました。猫ちゃんと遊ぶほか、猫トイレや部屋の掃除、給餌をします。

利用者さんも“自分にとっての問題が社会貢献につながる”ので喜んでくださいました。

一緒に現場についてくる指導員さんも猫好きで始終笑顔。最後はみんなで猫じゃらしで遊びました。来週からレギュラーで週2回現場に入っていただきます。

この仕組みがうまくいくと、どうぶつがかりと契約することで、新潟市内各地の福祉作業施設が、高齢が原因でペットのお世話ができない高齢者をサポートすることができます。
どうぶつがかりにとってもスタッフ不足の中、安定した人材を得ながら、広域で展開することができます。
無理のないように少しずつ、双方にとってよいかたちを模索していきたいと考えています。興味のある施設様、利用したいという方はご連絡ください。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください